[PR]

足がつる原因と対処法

足がつる、とはこむら返りとも言い、ふくらはぎの筋肉が収縮することによって起こる現象です。このような状態は他の部位でも起こりますが、もっとも発生しやすいのは足がつる症状です。

寝起きにのびをしたりした時に足がつることや、また、深夜寝返りを使用とした時に足がつることもあります。足がつるというのはよくあることですが、酷い時には肉離れになることもあるそうです。

足がつるのははたいして珍しいことではないので、経験したことのある方は多いでしょう。しかしそうは言っても、足がつるのはかなり痛いですし、しばらく痛みが残ってしまうのでできれば足がつるのは避けたいものです。

足がつる原因にはいくつかの要因があり、急な運動をしたり寒暖差による筋肉疲労、水分や栄養素の不足で起こる場合、冷えなどが原因となる血行不良で筋肉が収縮して起こる場合もあります。

こういったものは筋肉疲労によって神経系統の伝達ミスが原因で起こるものですので、予防対処法として、運動する前後にきちんとストレッチを行う、必要な栄養素をしっかりと摂取する、寝る前に水分を取るようにする、冷やさないようにするなど、対処法は原因を考えればすぐに浮かぶようなもので十分です。

しかし以前はそれほど多くなかったのに、急に足がつることが増えたというかたは、病気を疑った方が良いかもしれません。基本的には足がつるのは一時的な筋肉の疲労や神経系の伝達ミスなのですが、病気が原因となっていることもあります。

足がつる原因として良く聞く病は、閉塞性動脈硬化症という血管が詰まって血行が悪くなる病や、糖尿病。また、脳梗塞や心筋梗塞といったものが原因となることもあるそうです。血液の流れが悪いと足がつる可能性が高くなるため、脳梗塞や心筋梗塞の前兆としてしょっちゅう足がつるという状態も考えられるのです。

血流以外の足がつる原因では、椎間板ヘルニアをはじめとする腰の病があげられます。腰への痛みとして症状が出ていなくても、歪みや変形、ずれなどが起こっている場合には腰も含め体のあちこちに負担がかかります。

その負担の結果のひとつが、足がつるという現象になるのです。腰に変形やずれなどの異常があると、当然、腰に負担がかかります。

腰には、下半身部分の指令系統である坐骨神経というものがあります。膝から下のほとんどの皮膚感覚まで司る神経で、もちろん脚の筋肉も支配しています。

このため、歪みやずれ、変形などで腰に負担がかかると坐骨神経を圧迫して、脚の筋肉にも影響してきてしまうのです。軽い場合は、普段には自覚症状はないでしょう。

しかし圧迫されている状態では筋肉の支配にももちろん影響します。結果、脚の筋肉が疲労しやすい状態になっていて、足がつることが多くなってしまうのです。

通常足がつる時の対処法としては、ゆっくりとしたストレッチやマッサージ、筋肉を温める事などが挙げられます。腰が原因の場合でも、起こってしまった場合の対処法は同じです。

しかし、予防的な対処法となるとまったく話が変わってきます。原因が腰にあるのですから、先にお話した温めたり栄養をしっかりと摂ったりという対処法では足がつるのを改善できません。

腰の歪みをとるために整体やカイロプラクティックに通ったり、普段から姿勢を正すことを意識するようにしたりと、腰への負担を減らし坐骨神経への圧迫を解消するような対処法が求められます。

とはいえ、素人目にはよく足がつる原因がなにかなどなかなか判別がつきません。そこで、あまりにもしょっちゅう足がつるようでしたら、病院で診察してもらうことも検討しましょう。

足がつるというのは筋肉が異常収縮してしまっている状態なので、まずは整形外科を尋ねると良いです。できれば腰の症状や足がつる現象に詳しい先生がいるところを探して診察を受けられたら安心です。

お薦めサイト一覧

脊柱管狭窄症を治す正しい治療法をご紹介しています。

リノベーション費用見積比較ナビ

頚椎椎間板ヘルニアでお悩みの方にお勧めのサイトです。

その他、お薦めしたい情報サイトはこちらから
http://www.moringa369.com/related/moringacaiyadiet.html

新着情報

 2016年11月14日:TOP
 2016年11月02日:足がつった時の治し方
 2016年11月02日:事前にできる予防法