足がつる原因と対処法.com » 農作業との関連性

農作業との関連性

変形性膝関節症の原因として多いものの1つが、農作業による膝への負担の増加です。農作業では、同じ姿勢で長時間同じ作業を繰りかえすことが多くなりますが、このことでどうしても膝には負担が大きくなり変形性膝関節症を発症しがちです。

長年作業をされている方が、高齢化と共に筋肉が衰えると、関節の軟骨への影響度が増し、痛みも徐々に起こってきます。

また特に寒い地方で農作業をする場合、その寒さも膝には大敵となって変形性膝関節症の悪化を早めます。日本では東北地方の農村部に重度の変形性膝関節症患者がとても多いと言われます。

またその地方ごとに、腰痛や膝痛になる方専用の治療法があるケースも多く、通常のO脚矯正とは違う治療法が用いられます。

お年寄りが多いこともあり、漢方薬を用いて副作用を軽減する場合も多くあります。変形性膝関節症の痛みに対して効果が高いもの、コラーゲンなどの他の栄養補助系の食品との併用効果が高いもの、身体全身を健康に、丈夫にする効果が高いものなど、様々な工夫を用いて多くの方の変形性膝関節症の治療に利用されています。

鎮痛効果としては、ウドの根茎や桑寄生などが効果的です。血行を良くし、また水分の代謝を高めることで、膝周りへの血流を改善して、膝に行き渡る栄養分を増やし変形性膝関節症を改善することができます。

また筋肉や骨に効果のあるものとして、牛膝や杜仲などが用いられます。膝の周りの筋肉、すり減ってしまった軟骨などを補修し、変形性膝関節症の痛みも根本から解消することができます。

農作業をされる方の生活スタイルは、ソファーではなく座布団や畳、ベッドではなく一枚布団というように、欧米式の膝によいと言われるものではなく、古来からの和式のタイプがほとんどです。

これに対してたとえば東京では、ほどんどの方が椅子やソファー、広いベッドなどを使用し、膝への負担を日常レベルから軽減させています。

若い方であれば和式のほうが筋肉や足を鍛える効果があるとも言われますが、高齢化してくるとなかなかつらいものがあります。このことから、ベッドやソファーに変えることを勧められる患者が多くあります。