足がつる原因と対処法.com » 整体と接骨院の違い

整体と接骨院の違い

「整体」とは、人間の身体の「脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)といった身体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正および、骨格筋の調整などを行うものです。

医業類似行為の一種であるとされ、「整体術」「整体法」「整体療法」などと呼ばれています。対して、「接骨院」は、柔道整復師が柔道整復術を行う施術所を指していて、整骨院・ほねつぎとも呼ばれています。

ただし、多く用いられている整骨院・ほねつぎというような名称は、いずれも俗称です。柔道整復師法に基づいた正式名称は「柔道整復師施術所」です。

柔道整復術とは、柔術の活法技術を応用したもので、骨・関節・筋・腱・靭帯などが原因となって発生する骨折・脱臼・捻挫・挫傷・打撲などといった損傷に対して、手術ではなく「非観血的療法」という独特の手技を用いて、人間の自然治癒能力を最大限に発揮させる日本独自の治療技術です。

要はどちらも、人間の身体の疾患を、メスを使わないで治療するというものなのですが、この2つには明確な違いがあります。資格の種別です。

整体を行う整体師は、「整体師」の資格を有しており、接骨院で治療にあたっている人も柔道整復師という資格を有しています。これらの違いは、前者はいわゆる「民間資格」であるのに対して、後者は国家資格であるという点です。

整体師に関しては、民間のスクールに通い、そのスクール独自の基準に基づいた資格を取得します。接骨院で働く柔道整復師は文部科学大臣の指定した学校か厚生労働大臣の指定した柔道整復師養成施設で、3年以上学び、それから国家試験をパスしたものに資格が与えられます。

例えば、肩こりが酷いんだけど、どこに通おうか、と考えたときに、国家資格という判断基準ができるということになります。しかし、民間資格とはいえ整体師も十分に学べば適切な治療を施すことが可能ですので、その全てが藪医者ということではないので、注意してください。