足がつる原因と対処法.com » コルセットの使い方

コルセットの使い方

腰部の脊柱管狭窄症や、そのはずみで起こる坐骨神経痛の痛みやしびれの症状を軽減させるための効果が高いものとして、コルセットがあります。また脊柱管狭窄症ではやや特殊なコルセットを使用します。これは、腰部を反ることをすると痛みが増強するためです。

やや前かがみの姿勢になるようなやや軟性の強いものが最適です。これを装着することで、腰を伸ばす動作を制限することができ、神経の刺激が軽減され脊柱管狭窄症の改善に繋がります。

またこのコルセットは他のタイプと比較して違和感が強く、特に長時間装着して動作する場合はストレスにもなりがちです。

このことから、一般的なものと併用する方も多くいらっしゃいます。慣れてくれば腰を反らせるような姿勢を自分から制限することができますし、もちろん腰の激しい動きを効果的に制限することができます。

またこの方法にはデメリットもあります。一番大きいのが、腹筋や背筋の筋力の低下が起こることです。これらの筋肉が腰の骨をサポートできなくなってしまうと、それだけ脊柱管狭窄症の治療も遅れてしまいがちです。

つまり、装着することが癖になってしまうようではトータルな脊柱管狭窄症の治療効果を上げることは不可能ですので、よく医師と相談しながら用法を作っていくことが求められます。

装着したままでも脊柱管狭窄症のリハビリができるようになったり、特別にオーダーで製作する、という方法も考えられます。

脊柱管狭窄症での装具療法は、このように一定の効果しかないとも言えます。もちろん大きな事態を招くことを避けることはできますが、痛みの無い場合は率先してコルセットを外し、ストレッチングやエクササイズなどのリハビリに努めることが大切になってきます。

リハビリでは水泳なども効果が高いと言われていますが、他にも自宅でも気軽にできる方法がたくさんあります。椅子を使用してできるストレッチでは、場所もほとんどとらずに、気軽に毎日実践していくことができます。