足がつる原因と対処法.com » 運動療法のポイント

運動療法のポイント

脊柱管狭窄症の治療のうち、比較的軽度と考えられるものが運動療法です。予防に効果のあるのはストレッチですが、運動療法は盛んに取り入れられています。

また、筋力の低下や姿勢の悪化などの二次的に起こるであろう機能障害を予防することにも効果があります。

脊柱管狭窄症を改善するには、血液循環の改善のためのストレッチや、前かがみになった時の症状の軽減効果を利用した骨盤後傾運動、うまく収縮できないことで腰に大きな負担のかかる腹横筋と多裂筋を安定させるための深部体幹筋の収縮運動など、様々なものがあります。

運動をすることがあまりよくないという例は高齢者の方には特に言えることでしょうから、シルバーカーなどを利用して生活することも必要になってくるでしょう。

脊柱管狭窄症の痛みが特に強い場合にはとても効果的と思います。また、間欠性跛行を避け、筋力アップにも繋がるものとして自転車での移動がありますが、自転車に乗ることがあまり上手でない、という場合にはあまり勧めることはできません。

またコルセットを装着すれば脊柱管狭窄症の痛みを軽減出来るだけでなく、運動もしやすくなり、筋力アップにも効果的でしょう。このような運動療法は腰という部位にとってはちょっと難しいものであるかもしれませんが、逆に様々な部位の運動不足を解消するためにはかなり必要性が高いものでしょう。

運動によって、脊柱管狭窄症が改善する部位が多く、薬物や麻酔といった方法よりもまずはこちらを試してみるという方も多いようです。

特にストレッチの方法には症状などによっても多様に方法があります。そしてインターネットなどの有名な治療院のサイトなどにもその方法がよく紹介されていますので、チャレンジされている方も多いのではないでしょうか?

費用がほぼかからず、以外に根本からの治療というものが成立します、そして、脊柱管狭窄症の悪化の予防となり、他の部位の健康にもつながります。

毎日出来るという自信のある方にとってはかなり有力な方法と思われます。また予防のためにも毎日の習慣をつけておくことが必要でしょう。