足がつる原因と対処法.com » 類似した病気

類似した病気

頚椎ヘルニアに類似した症状として、四十肩、五十肩や、むちうちなどがあります。首や肩の部分に痛みが伴う、上部に動かすことに不自由を感じる、などの自覚症状を示すことがあります。

頚椎ヘルニアは、頚椎の髄核や線維輪に亀裂などが生じ、椎間板の結合部分である、軟骨部分に亀裂などが入り、神経根や脊髄を圧迫することで引き起こされます。

外的ショックが原因の急性のものと、日々の生活の中で引きおこされる慢性的な原因があります。頚椎ヘルニアの初期では、肩や首ににぶい痛みを伴うことがありますが、それほど症状が進行していなければ、休息などによっても痛みが緩和することがあるので、本人も気づいていないことがあります。

さらに症状が進むと、首、肩を中心に鈍い痛みを伴い、場合によっては指先などにしびれ、全身にしびれや、麻痺を伴うこともあります。

頚椎ヘルニアの症状には個人差がありますが、一般的に加齢とともに、病気の発症率が高く、椎間板の水分が失われていくことに起因しています。

頚椎ヘルニアは、四十肩や五十肩に良く似ており、肩の上に手が上がらない、痛みを伴うことがあります。

また、肩への鈍い痛みや、神経自体が圧迫され、全体的に感覚が無くなるようなこともあるので注意が必要です。

また、肩から上に手が上がらないようなときでも、すでに症状が進行していることがあるので、早期に医師に相談するようにしてください。

外的ショックで引き起こされる頚椎ヘルニアに類似したものとしてむちうちがあります。首や首回りの痛み、神経痛のほか、緊張やめまい、首や肩のこり、神経根の圧迫などを伴うこともあります。

神経全体に痛みを伴うこともあり、頭痛や歩行への影響、めまいや集中力の低下などを引き起こすことがあります。症状自体が続くようですと、外科手術が必要な場合もあるので、早期に医師に相談することが必要です。