足がつる原因と対処法.com » ローンの利用について

ローンの利用について

手続きの簡単さでいうのなら、民間のローンでしょう。ある程度までは無担保で融資が受けられ、申込資格も比較的ゆるやかです。

資金の使い道の範囲がほとんど限定されていないのが利点です。特にカードローンは簡単に借りられるので、ちょっとした修繕などには便利です。

最近では、「資産運用ローン」などといって、あらかじめ自宅を担保に融資枠を設定 (根抵当権設定) しておく方法があります。

これならば借りる際にいちいち審査を受けないですむので、いつでも利用できます。このほか、特定のリノベーション業者を経由して利用する提携ローンもあります。

大手のリノベーション業者のほとんどがこれを用意していますから、便利さならこれがいちばんでしょう。

取引がなくても住宅資金が借りられるのは住宅金融専門会社のローンです。利用目的が住宅関係であればよく、返済も長期ですから、利用しやすい方法です。

ただし、多少金利は高めですが保証料を払って金利を引き下げるとか、返済期問を据え置くといった形にすることもできます。公庫融資には、一般のローンのほかに、クイックローンというものがあります。

キッチン、浴室、洗面室、トイレなど主に水まわりへの高性能な住宅部品を含む部品の一式取り替え工事、または新設工事と、設置にともなって行われる床、壁、天井等の修繕・模様替え工事、給水、給湯、排水、電気、ガスの配管、配線工事が融資の対象となります。

申し込みの条件、返済期間・方法は一般のリフォームローンと同じです。融資限度額は最高520万円までで、高齢者・身体障害者向け工事に対する融資限度額のアップはありません。

保証協会の保証を利用する場合は融資額250万円までは無担保、これ以外は建物(または建物と土地)に公庫が抵当権を設定することになっています。