足がつる原因と対処法.com » マッサージについて

マッサージについて

ヘルニアで腰痛になると、その急性期ではまず安静にすることが大切です。コルセットを装着したりして動作を軽快にするサポートをさせながら、できるだけ横になるなどして安静を保ち、少しでも早くヘルニアによる神経への刺激を減少させることが必要です。

この急性期では腰痛も最も大きい時期ですので、痛み止めやブロック注射を用いる場合も多くなります。急性期を越えれば、腰痛も大分軽減されて慢性期に入ってきます。

慢性期になると、ほとんどの方は病院での保存療法を継続させますが、中には整体などを併用するという方も多く見られます。

腰痛の保存療法で主なものは、牽引やリハビリ、温熱などですが、これに平行してマッサージをすると相乗効果がアップするという方は多いようです。

鍼灸でも取り扱うツボやカイロプラクテイックの整体院での施術などがありますが、ほとんどのところでは、腰部に直接手をあてるということはせず、その近くの部位をほぐしたり、改善させることで腰痛に効果が大きいとされる全く関係の無いような部位をマッサージしたりすることで改善を早めます。

整体院での施術はとてもやわらかく行われます。これは腰痛に効果があるというよりは、体全体のゆがみを矯正するための施術と言われます。

腰痛のもともとの原因と考えられる体のゆがみを矯正することは、ヘルニアを根本から治療することに他ならないといわれるています。

カイロプラクテイックや鍼灸院でも、ヘルニアの部位に直接施術することはしません。ヘルニアを直接マッサージしても、効果は無いからです。

手で触って無理にヘルニアを神経から遠ざけようとすることはもちろん、ヘルニアをやさしくマッサージして引っ込める、というようなことはやはり不可能と言えます。これは体の他の部位からヘルニアに効果的に働きかける治療法と言えます。