足がつる原因と対処法.com » しびれについて

しびれについて

人間の首の頚椎において、椎間板が負担に耐えることが出来なくなり内部の髄核が飛び出してしまうのが頚椎ヘルニアです。

頚椎ヘルニアの特徴として高齢者に多いのは、老化により椎間板が変性し荷重に対する強度が低下していることが原因の一つと挙げられます。ではこの頚椎ヘルニアを発症してしまうとどのような症状が現れるのでしょうか。

やはり良く挙げられるのが首や肩などへの痛みというものですが、実は頚椎ヘルニアというのは神経が多く通っている部分で発生することから腕から指先にかけて、また重度の頚椎ヘルニア症状となると脚にまでしびれが発生することがあります。

頚椎ヘルニアが発症することにより神経を圧迫されて発生するので、頚椎部に多く集まる神経の中で圧迫されたものによった症状が発生するということです。

通常適切な頚椎ヘルニア患部の処置・改善が行われなければ圧迫される程度の上昇や範囲の拡大へと陥りがちなので、初めは一部にしかしびれが発生していなくても、次第に他の部分にも症状が進んでしまうこともしばしばです。

腕や指先という部位にしびれがあると当然ながら細かい作業をすることが難しくなりますし、程度に依っては字を書くなどの日常生活の中での必要動作へも障害となってしまうでしょう。

食事や料理、家事も思うようにこなせないかもしれません。また、脚へとその症状が進めばもちろん歩行への影響が考えられます。階段の上り下りが困難になることや、少しの段差でも躓くようになる可能性もありますので、何気ない生活の中でも危険を伴ってしまうかもしれません。

しびれというのは程度にはよりますが、色々な場面で障害となることが多いでしょう。このような症状に対する治療としては、神経の圧迫されている状態を手術を行い解消するというものが考えられますが、手術というのは身体にかかる負担が非常に大きいため、一般的にはストレッチなどの運動療法を始めとした保存的治療が選択されることがほとんどとなっています。