足がつる原因と対処法.com » スケルトン工事

スケルトン工事

まずは、不動産や建築における「スケルトンリノベーション」という意味を確認する必要があります。「スケルトン」とは内装や設備が施されていない、建物の躯体のままの空間のことをいいます。

通常はこのスケルトンの状態で住むことができず、リノベーションをし、内装を施工していく(断熱や下地など)ことによって、スケルトンの部分というのはほとんど見えなくなるというわけです。

しかし、スケルトンリノベーションで、スケルトン状態のままにすることがあります。つまり、いったんスケルトン状態にしたあと、すべての部分に内装を施すのではなく、一部スケルトンの部分をあえて剥き出し状態にしたり、究極はそのままの状態で利用するといったこともあるわけです。

この点について、依頼者とリノベーション業者の認識がずれているとイメージ通りのリノベーションができませんので、「リノベーション費用を匿名無料で比較検討できる~リノベーション費用見積比較ナビ~全国対応~」などで信頼できるリノベーション業者を探し、しっかりと相談する必要があるでしょう。

あえてスケルトン部分を残すリノベーションは、どんどんと無駄な部分をそぎ落としていき、デザインや用途によって必要なものだけを残していく、アート的な要素を持っていると思われます。

スケルトンの状態を元にアクセントとして家具で空間を作ったりすることもできます。通常のスケルトンリノベーションは、スケルトン状態にしたところで新築同様に組みなおすことを指すので、言葉の意味は若干違いますが、この場合価格的にもリノベーションとはいえ高額になる場合があります。

そして、すべてを解体して一から造りなおす作業となるので、リノベーションの工事期間は長期間になります。数ヶ月はかかるものがほとんどです。スケルトンリノベーションでも、やはり制限はあります。

マンションリノベーションでは、共有部分の交換などは規約でできない場合が多いため、すべてを変えてしまうというのは、無理な部分もあります。

とはいえ、既存の建物の良さを活かすスケルトンリノベーションは、やってみる価値はあると思います。スケルトンから一体どんな発想が生まれてくるのか、そのセンスはデザイナーと住む人が創り上げていくものです。

素敵な空間をイメージしながら、そこに住んでいる自分たちをイメージしながら、創造力を使ってリノベーションを考えてみてください。