足がつる原因と対処法.com » 肩甲骨を適度にほぐす

肩甲骨を適度にほぐす

デスクワークの多い今日は、肩こりに悩む方が増加しています。しかし、ただ肩こりと言っても、その原因は人によって様々です。中でも肩だけではなく、背中の上部までコリを感じる方がいます。

この背中の上部には肩甲骨があり、ここが原因になっている場合があります。

肩周りにはいくつかの体の部位があります。頭部、腕、そして背骨と、動作に関わる部位ばかりですが、肩甲骨の周辺にはその各部位へと繋がる筋肉が集まっているのです。

デスクワークのように、長時間同じ姿勢をとる状態が続くと、筋肉の動きが悪くなり、それは血流へと影響します。血の巡りが悪くなると、肩こりなどとして症状が出てくる。ですので、適度に姿勢を変えることを心がけ、ストレッチなどを行なって、体を定期的にほぐしましょう。

まずは、現在の体の状態をチェックする必要があります。

①一日の中でデスクワークなど同じ姿勢を取る時間が長い。
②パソコンのディスプレイを見続けると、頭を支えるのが辛い。
③高い場所に手が届かなくなってきた。
④体のメンテナンスとしてストレッチングベンチを使用していない。
⑤猫背である。

心当たりが多いほど、肩甲骨周辺が凝り固まっている可能性大です。早速、ストレッチを紹介しましょう。まず、両腕を胸の前に上げます。そして、両腕がOの字になるようにし、前に伸ばしてゆきます。

この動作によって、肩甲骨周辺が伸びて気持ちよさを感じるのではないでしょうか。続いて、今度は両腕を体の横側に持ち上げ、そのまま肩甲骨を引き寄せます。一緒に胸の筋肉が伸びてゆくことを感じるとやりやすくなると思います。

そして、腕の高さを上、下に変えて、同じ動作を繰り返します。このポイントは、胸の筋肉も伸ばしていることです。実は胸の筋肉は日常の中で大きく伸ばす機会が少ないですから、肩甲骨周辺と一緒に伸ばしておくことで、より体が楽になると思います。この方法をちょっとした休憩時間に行なって、肩甲骨周辺からくる肩こりを解消しましょう。