お薦め情報

その他・お薦め情報


足がつる時のマッサージ

足がつると言った場合、たいがいそれはふくらはぎです。ですのでここでは、ふくらはぎに限定した足がつる現象、こむら返りが起きてしまった場合の対処法について紹介していきます。

足がつる現象が起きた時にまずやるべきは、筋肉を伸ばすことです。足がつるというのは神経系統の伝達ミスで筋肉が縮んでしまい、そのまま伸びることが出来ない状態です。

そのため、足がつる現象が起きてしまった時には筋肉をマッサージしてゆっくりと伸ばすのが足がつる現象の最適な対処法なのです。深夜に足がつる現象が起きて目が覚めた時はマッサージなどは面倒に感じるかもしれません。

しかし放っておくと朝まで痛みを引きずってしまうこともあるので、面倒がらずにその場でしっかりとマッサージを行うようにしましょう。まずは甲を反らせるようにしてゆっくりと顔の方へ持ってきましょう。起き上がるのが辛い場合には、最初は動かすだけで構いません。

それができたら指先を手でつかんで、改めて顔の側へ引き寄せてふくらはぎの筋肉を伸ばします。この時、必ず、焦らずゆっくりと行うようにしてください。急に行うとかえって筋肉を傷めてしまうことがありますので要注意です。

これを行って少し痛みが和らいだら今度は、ふくらはぎをマッサージしてください。この時も、強くやりすぎないように、あくまでも柔らかくほぐす感覚でマッサージを行うようにしてください。他には、ひざの裏を揉むマッサージや、足首を回すといった軽いストレッチも有効です。

身体が硬くて手が届かないという時には、タオルをかけて引っ張るという方法や、壁に押し付けて伸ばすことでふくらはぎの筋肉を伸ばすといった方法も使えます。

ある程度痛みが治まったら、できればマッサージだけでなく温めるケアもしてあげてください。一度足がつるとクセになりやすいので、そのまま寝なおすとまた足がつる現象で目が覚めてしまうという事態もあり得ます。

水にぬらして絞ったタオルを軽く電子レンジで温めて蒸しタオルを作り、それをふくらはぎに乗せてやると良いでしょう。