足がつる原因と対処法.com » こむら返りの予防法

事前にできる予防法

足がつると非常に痛いですので、できることなら起こる前に予防しておきたいものですね。こむら返りともいうこの現象は一般的には、カルシウムやマグネシウムの不足、水分不足、また急な寒暖差や、慣れていない運動を行った時に起こると言われています。

運動に関しては、前後のストレッチをしっかりと行うことで対処できますが、他の原因についてはどのように対策をしていけばいいのでしょうか。

栄養素の不足であれば、十分な栄養を摂取するよう心がけをし、また、寝る前にコップ一杯の水分をとるだけでも寝ている間のこむら返りは防ぎやすくなります。

また、身体が緊張していると当然筋肉も緊張して収縮しやすくなりますから、質の良い深い睡眠をとれるよう、寝る直前のスマートフォンやテレビを控えたり、少しぬるめのお湯にゆっくり浸かって温まるなどして、身体が休みやすい体制を作れるよう意識するといいです。

また、湯船にゆっくり浸かるのは身体を温める効果もありますから、冷えのせいで起こってしまうこむら返りの対策にもなります。

このようなやり方のほか、足がつることを防ぐ方法としては、普段からストレッチを行って筋肉をほぐしておくという方法もあります。

普段から運動不足になりがちな人の場合、筋肉もあまり使われず、身体が硬くなってしまいます。そのような状態を防ぐために、ストレッチを日課にして普段から筋肉をほぐしておくのです。

ただし、これらの対策をしっかりと行ってもまだ状態が改善しない、しょっちゅう足がつるという場合には、筋肉疲労や寒暖差などではなく別の要因が考えられます。

病気で筋肉が痙攣を起こしていたり、腰に負担がかかる病で神経圧迫が起こり疲労がたまっていたりという可能性もあります。

しっかり対策をとっているのに治らないという場合には、病院で診察を受けるようにした方が良いです。また、どこの科に行けば良いか迷う場合には、まずは整形外科に行ってみるのが無難です。