足がつる原因と対処法.com » 坐骨神経痛への効果

坐骨神経痛への効果

坐骨神経痛を発生させている原因はなんと、椎間板ヘルニアだということを皆さんは知っていましたか。ということは、逆に言えば、椎間板ヘルニアを治すことが、坐骨神経痛を発生させない手段ということになります。

しかし、激しい痛みが続いてしまう薬物療法は、坐骨神経痛に効果がないということもあります。そこで、選択肢としてはブロック注射による治療方法というものがあるのです。

神経ブロック注射には、約25種類もの種類があります。場合によっては、ステロイド剤というものを注射するときもあります。

この麻酔の薬を注射することで、脳に痛みが伝わらなくなって、痛みと密接に関係していた交感神経の緊張状態を緩和させることができるというわけです。

これによって痛みが感じなくなります。先ほど25種類の神経ブロックの種類があると述べましたが、その中でも坐骨神経痛と関わりの深いものは椎間板ヘルニアに対応しているブロック注射ということになります。

そして、その椎間板ヘルニアや頚椎椎間板ヘルニアの頭痛などに対応しているブロック注射は3種類です。その3種類とは、硬膜外ブロック注射、椎間板内ステロイド注射、神経根ブロック注射のことです。

硬膜外ブロック注射は、硬膜外腔と呼ばれる隙間に局所麻酔薬を注入して、痛みの神経機能をブロックしてしまいます。この方法はブロック注射の中では安全性が高いと言われています。

椎間板内ステロイド注射は、椎間板自体にステロイド剤を注入していき、痛みを緩和させるというものです。直接針を椎間板内に刺すので個人差が出てきます。神経根ブロック注射は抜歯に使われる麻酔薬と同じという特徴を持っています。

つまり、多くの人が経験済みということになります。神経根に直接差し込んで、局所麻酔剤を注入します。